2009年05月31日

2009札幌初夏(3)

 今日も日の出と共に起床。朝食は昨日と同じで、ロビーで頂く。その後、北海道でも我が家の御用達のクラブツーリズムのツアーで出かける。集合場所は、鐘の広場というところ。初めての場所だが、これもnoriが予め調べてある。
 今日の天気予報も良くない。すぐにでも降り出しそうな空だ。
 地下街を通って札幌の駅へ向かうが、地下街は途中までしか無く、今はまだ駅まで貫通する工事をしている最中だ。地上では既に雨が降っていた。
 鐘の広場は、みんなの集合場所らしく、一番大きな団体はちょうど修学旅行へ行く学生達だった。勿論いくつかの旅行会社の集合場所でもある。
 今回も総勢80名で、我が家はその2号車となった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月30日

2009札幌初夏(2)

 朝は相変わらず早い。日の出と共に起きているようだ。今日は、テレビ塔観光バスで積丹に行く。お天気は大丈夫なようで一安心。ただ、天気予報はあまり良くない。
 さて、朝食だが、ここのサービスとして軽食が振る舞われる。これも有り難い。昨夜のように飲み歩く我が家にとっては、量はいらないのだ。
 フロント前に、パンとコーヒーが用意されている。部屋へ持ち帰ることも可能という、これまた有り難い扱いになっているが、そのままロビーで食べる。
 その後、荷物を持ってテレビ塔へ向かった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月29日

2009札幌初夏(1)

 noriは職場から、junnは自宅からと言う出発になった。羽田で待ち合わせようと言うことで、それぞれの都合に合わせての出発だったが、何と山手線の乗り込んだ電車が同じという偶然に見舞われて品川で合流。幸先がいい。
 今回はあらかじめインターネットで座席まで指定してとってあるし、おサイフケータイを使って全てスルーできる「スキップサービス」を利用するので、出発の15分前に通過すればいいと言うことになっている。
 それまで少し時間があるので、カードラウンジへ行って休憩した。いつもなら搭乗券の提示を求められるのだが、今回はそういうたぐいのものは何もない。携帯に入っている、といったらすんなり入れてくれた。それだけ浸透しているサービスのようだ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月25日

12年に一度の大祭!「松江ホーランエンヤ」出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘・金持神社(3)

 起きて、一番に風呂へ行った。まだ開いていなかったが、待っていると従業員が来て開けてくれた。まさに一番風呂だ。
 今日は雨が止んで、少し薄日も差していた。
 身軽にするために、殆どの荷物は宅配便で送った。
 最初に「足立美術館」へ。ここは初めて訪れる所だ。庭も有名だし、横山大観や北山魯山人など収蔵品もかなりの物なので、楽しみにしていた。
 開館時間より早く着いたが入れた。さすがに大手旅行会社のなせる技か。
 自由に見て回るというので、我が家は音声ガイドを借りて中に入った。
 まずは庭。5つあるという庭は高く評価されて、アメリカで選ぶ日本の庭ベスト1だそうだ。それもここ何年もその座を守っているという。
 確かに見事。よく手入れされている。ただ、ゆっくりしていると次が見られなくなるので、さっと見て回った。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月24日

12年に一度の大祭!「松江ホーランエンヤ」出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘・金持神社(2)

 今日は楽しみにしていた、というより、このために今回の旅行に参加したのだが、お天気が芳しくない。何度天気予報を見ても雨が降るのは間違いなさそうだ。
 朝のうちはまだ降っていなかったので少しホテルの周りを散策した。大山もうっすらではあるが見えた。
 混雑するかもしれないので、早めに出発しましょうということだったが、10分ほど遅れての出発となった。何しろ人数が多いので、連絡が徹底しない面がある。
 楽しみにしていたのは、松江で12年に一度行われる「ホーランエンヤ」という祭を見に行くことだ。おそらくこのチャンスを逃したら次回は見ることは出来ないだろう。が、始まるまでには少し時間があるということで、自由な時間になった。城を見に行く人、堀川巡りで船に乗る人、全く自由な人に分かれた。当然我が家は全く自由にした。昼食もキャンセルして、お祭り会場へ行くことにした。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月23日

12年に一度の大祭!「松江ホーランエンヤ」出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘・金持神社(1)

 今日の分の昼食がついていないので、今回、初めて食事(弁当)を作った。冷凍庫の物を適当に使ってだったが、それなりにできあがった。お酒も家にあったのをペットボトルに詰めて持って行った。節約モードに徐々にではあるがシフトしつつある我が家である。
 新幹線なので東京駅集合。地下鉄だと1本で行くので、noriはその始発駅まで歩く。健康に気を遣っているらしい。junは近くの駅から電車で行く。計画を立てて出かけたのだが、やっぱり早い電車に乗ってしまって早めに集合場所へ着いてしまった。ただ、既に添乗員が来ていたので、受付を済ませた。
 しばらく駅周辺をウロウロしてから、飲み物を購入し、再集合した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年05月08日

チェコG(帰国)

 junもnoriも4時頃には起きてしまった。それから1時間ほどボンヤリしていると、機内が点灯され、おしぼりが配られた。目覚めの時だ。
 6時には朝食が配られた。スクランブルエッグだ。動いていないから軽くてちょうどいい量だ。今回はこのメニューだけだった。
 7時には佐渡島が見え、日本へ戻ってきたことを実感したが、あいにくのお天気で、あまり視界は良くなかった。東京は雨だそうだ。
  ほぼ予定通りに到着。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月07日

チェコF(日本に向けて)

 朝、いつものようにモーニングコールより1時間早く起きて荷物の整理をした。ほとんどは夕べのうちに終えているので、最終確認が主な仕事。割合早めに出来た。
 スーツケースを廊下に出してから食事の会場へ行くが、未だ開いてなかったので、外へ出てラジオ体操をして時間をつぶした。
 ようやくレストランが開いたので、朝食にした。この30分後には出発なのでちょっと忙しい。急いで食べて集合場所へ行く。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月06日

チェコE(プラハ市内観光(2))

 起きるのも朝食に行くのもいつもよりゆっくりした。朝から雨模様で、やや気分が重い。
 今日はプラハの乗り物に自由に乗り降りできるという切符をもらっているので、購入するという煩わしさはない。何回でも利用できるというので、そういうのに目がない我が家は、何度も乗り降りすることを考えている。
 プラハは地下鉄の表示もわかりやすく工夫されているし、トラムもたくさん走っているのでとても便利。行きたい所さえはっきりわかっていればとても都合がいい交通網が張り巡らされている。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月05日

チェコD(プラハ市内観光(1))

 出発がゆっくりなので、我が家にしては珍しくのんびり起きた。
 朝食が6時30分からで、今朝は前回と違って正式のフロントの前、大きな方だ。開始時刻より少し早かったので、バス停の前で朝 の体操をした。
 その後は部屋でのんびりした。
 ホテルを予定より少し遅れて出発。今回は人数が多いせいもあるのだろうが、どうも時刻が守れない。
 今日のバスは2階建てバス。当然2階へ行く。視界が広がって見晴らしがいい分、気分もいい。なのに、これで観光するわけではな く、市街地へ行くだけ。
 道路は平日のせいで渋滞。一寸進んでは止まり一寸進んでは止まり状態。目的地まで50分もかかった。
 空模様が怪しくなってきた。どうにか持ちこたえてくれると良いのだが。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月04日

チェコC(ブルノ〜オロモウツ〜ゼレナーホラ〜クトナーホラ〜プラハ)

 今回の旅は朝が早い。と言っても初めての経験ではないので、それなりにきちんと計画を立てて出発した。
 一番近い駅は未だ始発が無いので、始発駅までタクシーに乗る。なかなか捕まらなくて少し歩いたお陰で、割増料金だが、1区間料金で済んだのでラッキー。が、早く着きすぎて、駅は未だシャッターが下りたまま。しばらく待ってようやく中に入り、電車に乗った。当然と言えば当然だが、ガラガラだった。
 電車の中で折り返し我々が搭乗する到着便の確認をとったが、定刻10分前の到着ということで、出発もほぼ時間通りだろうことを確認した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月03日

チェコB(チェスキークロムロフ〜テルチ〜トシェビッチ〜ブルノ)

 未だ明け切らないうちにホテルを出て散歩に行くことにした。ホテルの出入り口はまだ閉まっていたが、ロビーのソファーで寝ていたホテルマン?が開けてくれた。
外はひんやりした空気が流れている。フリースを着ていてちょうど良い。
さすがに誰もいなかった。
 城へ着くと、早いもので既にお掃除の人なのか制服を着た係員が働いていた。
 昨日通った道を逆に上るように進んでいく。
 途中でちょうど聖ヴィート教会の向こうから陽が上ってきた。
 写真を撮っていると、中国系の人たちがやはり散歩しているのに出会った。その人達の後に付くように庭の方へ行ってみたのだが、残念なことにまだ開いていなかったので、向かいにある修道院のような建物を写して、戻ることにした。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月02日

チェコA(プラハ〜チェスキークロムロフ)

 起きたのは5時と言っても、noriはそれよりも早く起きていた。
 荷物を用意してから、食事に行った。あまり広くもなく、食材も豊富とはいえなかったが、まあ、朝食だから。(どうもこの会場は団体客専用のものだったようだ)
 それから少し、最終日に乗るバスの停留所と時刻などを確かめるなどフラフラしてから部屋へ戻った。
 さてバスは出発してから最初約2時間走る。
 チェコの今頃は花の時期ということで、たくさんの花々を見る事になる。
 特にすごかったのは菜の花。印度でも見渡す限りの菜の花畑を目にしたが、ここは行けども行けども菜の花畑という広大さ。真っ黄色が青空にとてもよく似合っていた。
 フルボカー城が近づいてくると、ライラックやマロニエの木も多くなってきた。勿論それらの木も花で覆われていた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行

2009年05月01日

チェコ@(プラハへ)

 今回の旅は朝が早い。と言っても初めての経験ではないので、それなりにきちんと計画を立てて出発した。
 一番近い駅は未だ始発が無いので、始発駅までタクシーに乗る。なかなか捕まらなくて少し歩いたお陰で、割増料金だが、1区間料金で済んだのでラッキー。が、早く着きすぎて、駅は未だシャッターが下りたまま。しばらく待ってようやく中に入り、電車に乗った。当然と言えば当然だが、ガラガラだった。
 電車の中で折り返し我々が搭乗する到着便の確認をとったが、定刻10分前の到着ということで、出発もほぼ時間通りだろうことを確認した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009海外旅行