2009年10月18日

錦秋の磐梯・紅葉名所ゆっくり周遊A

 夕べ早かった割には起きたのはほぼいつも通り。junは6時の目覚ましだが、noriはそれより早く起きて入浴を済ませていた。
 朝食までにはまだ時間があったので、近くを散策することにした。
 確か遊歩道があるはずだと思ってフロントへ地図をもらいに行くと、生憎切らしているというので、道を教えてもらって出ることにした。すると、熊が出るかもしれませんので、と言って熊よけの鈴を貸してくれた。オイオイ、という感じで恐る恐る出かけた。夕べ降った雨は止んでいたが、気温はそれほど上がっておらず吐く息が白いというのを今年初体験した。
 まだ完全に日が昇っていなかったので、下の方は日陰になっていて暗いが、陽が当たっている山頂の方は輝いていて紅葉もきれいに見えた。
 磐梯山の頂上は霞がかかっているようでボンヤリしか見えなかった。ただ、もっと陽が上がって青空になるとくっきり見えるだろうと、後に期待したい。。
 junはnoriにうるさいと言われるくらい熊よけの鈴をならしっぱなしで歩いていた。
 朝食の時間になったので、まずはそちらへ。
 数はまあ揃っていたが、特に目新しい物もなく、そこそこ食してから、すぐに外へ出た。
 その頃には陽も上がって.紅葉が更に色鮮やかになっていた。磐梯山の上の霞もとれて綺麗になっていた。しばらくそこで写真を撮りまくった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行

2009年10月17日

錦秋の磐梯・紅葉名所ゆっくり周遊@

 ゆったり回るという触れ込みのツアー。なので出発のゆったり9時過ぎの集合。その場所へ行ってみると、我々のツアーが最終だったようで、全員が集まったと見ると後片付けが始まった。
 バスもゆったりの触れ込みに違わず、40人乗りの大型バス。座席の間隔が大きいのでゆったりという訳だ。
 ただ、今回の人数はその定員一杯の40人。ということで、可哀相に添乗員は前方のガイド席となってしまった。
 道路は思ったよりも空いていて、新宿から上のまでも、それから先の高速道路もすいすいと走ることが出来た。
 始めの観光は乙字ヶ滝。滝100選の中に入っている滝だというので、聞いたことはないがそれなりに楽しみにしていった。
 が、"見る"と"名前"は別物だった。
 添乗員さんも、水量が多ければ、日本のナイアガラの名に値するだけの滝なんですがねえ、と言ってはいたが、多分そうなのだろうと思うことにした。確かに、滝の幅は広いように思った。
 それでも部分的に勢いよく落ちている所があるので、その辺りの写真を撮るために、noriは柵を乗り越えて水辺に降りていった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内旅行