2009年06月28日

世界遺産委員会

 スペインのセビリャで22日から30日までの予定で第33回の世界遺産委員会が開催されている。

 既に、新しい架橋によってもたらされるドレスデンの景観の破壊が問題視され、世界遺産登録抹消の決定がなされたことで、ニュースを騒がしていますね。
 写真はドレスデンの夕闇迫る風景。確かに新しい橋は風景を破壊することにはなるだろうが、ドレスデンの価値は何もそれだけではないと思うのだが。

 一方、国立西洋美術館の本館などル・コルビュジエの作品群を日本などが推薦していたが、これも却下(というかこれは数年先には認められる方向とか)。

 ユネスコのニュースでは、アフリカ大陸の西方に浮かぶ島国カーボベルデ共和国の物件など11サイトと1サイトの拡大が伝わっている。
posted by honkawa at 16:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009在東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30145656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

創造
Excerpt: ネット美術館です。映像・WEBのスタッフが創造する世界をぜひご覧ください。http://www.juken-net.com/jktv/sozo/index.html
Weblog: 住建メディア
Tracked: 2009-06-28 16:55