2012年11月08日

「中国王朝の至宝」展

cyuugokuoucyou.jpg 上野で開かれている「中国王朝の至宝」展に行ってきました。

 内容とは全く関係が無いのですが、驚いたことが二つあります。
 第1は、展示の質内容からして、混雑していても仕方が無いと思っていったのですが、東京で行われているこれまでの特別展から比べたら、ガラガラと言ってよいような状態でした。
 第2には物々しさです。バックを持っている人は、たとえ子供であっても、中味を確認させられます。
 これらは、やはり昨今の日中関係を反映しているものかも知れません。走り出したあとに起こった争いなので、中止にはならなかったようですが、来るべきものが来なかったものもあるのでは無いでしょうか。

 内容については、ゆっくりと見ることができたと言うことも含めて、満足行くものでした。

 こうした概説的展示をたまにやってもらえると、頭の中の整理が出来て、しばらくは行けそうもないけれど、その内また行く機会が出来た時に、見る角度が寄り多面的になっていることでしょう。

 これまた展示とは直接関係ないのですが、イヤホーンガイドを毎回借りてもますが、今回は二種類ありました。普通の従来の解説と、ラジオ劇場的なアニメチックな演出のある解説の二つでした。我が家は両方借りて、交互に聞きましたが、まぁ内容的には違いが無く、どちらかと言えば後者の方がお勧めの感じでした。
posted by honkawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012在東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59963426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック