2001年12月31日

シエナ、アッシジ観光

 いよいよ2001年も今日が最後。ついこないだミレニアムと騒いだり、2000年になれば飛行機が落ちるなどと言っていたことが嘘のようだ。2日間泊まったフィレンッェの町に別れを告げて今日はローマ近郊のポメツィアへ向かう。行程の走行距離は400キロを超えるという大移動日。
 朝の出発は7時30分。なんとまたまた雨だ。実は昨日、則はフィレンツェ観光をする前に、予言のように晴れると言ってしまったから大変だ。最初の観光地は、シエナという町の旧市街地域全体がゴシック建築だらけというか古い町並みを保存しているので世界遺産になっている、その町の観光。シエナは今では人口6万足らずという小さな町だ。さてまたまたバスは旧市街に入れないので、そして観光税を支払わなければならないので、町はずれに一端停車した。そこから少し行ったところに駐車場がありそこから徒歩になる。ちょうど城の外側の壁にあたる部分が見える場所だったが、なんと降りる頃には奇跡的に雨があがっていた。歩いて町の観光案内所のある場所で現地のガイドさんと待ち合わせて観光を始める。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年12月30日

ピサ、フィレンツェ観光

 今日は日曜日ということではないだろうが、連泊するホテルでありながら8時30分というやや遅めの出発。午前中はピサの観光。ホテルからは1時間半程度かかる。夜どうも雨の雰囲気だったので、部屋から外を見ると道路は一部乾いている。ただ空には星はない。少し心配な空模様だと思っていたが、案の定バスが走り始めたとたんに空から嫌なものが落ち始めた。高速に乗る頃になると、風も相当出てきたし先行きが不安になる。
 さて、ピサであるが、人口10万足らずの現在では小さな町で、かなりの部分観光に立脚しているところがある。その歴史的なところは後に譲るとして、この町では大型のバスを旧市街に入れることを禁止している。そこで我々は設けられているバスの駐車場から、シャトルバス(バスの駐車料金に含まれているらしい)に乗り換えて、いわゆる斜塔のあるエリアに向かう。このころになると天気は荒れ模様の様相を見せてくる。しっかりと傘売りなども出てきて、風雨ともに強く、傘さえまともにさせ得ない状態の時も生じた。でもともかく観光をしなければ始まらない。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年12月29日

ベニス観光

 今日も出発は早い。7時30分だ。則はまだ時差ぼけなのだろうか、2時前には起きてしまった。日記を書いていると結果的には順さんまで起こしてしまった。ところで今回の旅行から再びデジカメが登場。何故かと言えば、則の写真が捨てるものが多いので、それでもったいないのでデジカメとなったわけ。その整理などもした。コンチネンタルスタイルの朝食は7時からだ。我々の普段の生活では元々朝は食べないので、コンチネンタルスタイルの朝食でも全く問題がない。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年12月28日

ミラノ、ベローナ観光

 今日の出発は7時。国内観光でもこの時間はあまり設定されない時間帯。その理由は急遽入った「最後の晩餐」の見学。8時30分からの予約だが、8時までには到着してなければならないと言うことで、かなり余裕を持った出発。「最後の晩餐」のある教会はサンタマリア・デレ・グラッツェ教会で、その付属の食堂に描かれたキリストの最後のゴルゴダの丘の絵と対をなしている構造になっている。部屋の中は保存の為に完全空調で、埃と湿度から守る為に、何度か調整室を通らされる。ちょうど高松塚古墳の中に入り込む感じ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年12月27日

イタリアへ

 朝は非常に早く家を出る。というのも久しぶりに成田エキスプレスに乗るから・・・というかJRの成田エキスプレス用の安売り切符が指定の列車が早い時間に設定されているからというのが、内実。列車はウイングエクスプレスといって、古い特急を使ったもので、いわゆる成田EXの車両とは異なる。荷物スペースも前後の一席をそれに充てているだけのもの。ただ、対面式の4座席タイプでないので、その分はよい。というわけで、8時過ぎには成田に到着。出発は13時30分なので、実に5時間あまりを成田で過ごす。その対応策として、JCBラウンジを利用して、2時間ほどを過ごす。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月23日

広州→乗り継ぎ→大阪→東京(羽田)→自宅

いよいよ帰国の日。午前中はしばし休憩の時間で、我々は買い物に充てようと1時間近く町をふらついたが、あまり適当なものも見つからず、しばし休憩時間となる。
 11時過ぎにはそれでもホテルを出て、最後に昼食場所へ向かう。今日は空港近くのセントラルホテルで飲茶料理。「あっこのホテル半年前に泊まった」などという声も聞かれた。飲茶はおいしかったが、自由にとれるわけではないので、面白味に欠けるが致し方のないところ。13時5分まで、ゆったりした昼食となった。トイレもさすが、今までで一番きれいだった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月22日

ラサ→成都→広州と飛び一日で四川料理と食の都広州を味わう

 今日の朝も早い。モーニングコールは5時ということだったが、準備があるので4時半に起きる。いよいよ今日はチベットにお別れする日だ。5時30分少し前に降りていくと、まだロビーには誰もいない。ロビーの明かりもついていない。しかたなくソファーに座っていると、やがて明かりをつけてくれた。また暖房とおぼしき機械のスイッチをホテルマンがいれてくれた。そうこうしているうちに他の人も集まってきて、やがてレストランが開いた。実はなぜこう早いかといえば、理由は飛行機にある。第一にはラサ空港までの距離が車で2時間近くも離れているというこのと。第二には、飛行機の便が朝に集中していること。気流の比較的安定している午前中に飛んでしまおうということだろうが、定期便の3便ともそういう状態なので、ラサを離れて成都に向かう場合には、朝の早い時間の出立となる。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月21日

チベット高原ドライブとヤムドク湖

 今日はオプショナルツアーの日。一部の人は解説をしてくれていたIさんとともに尼寺散策の臨時企画で出かけたが、大部分の人はオプションのヤムドク湖を目指した。
 8時36分ホテルを出る。8時50分給油のためガスステーションへ立ち寄り、100リットル給油。356元也。バスは空港のほうへ向かう。9時15分磨崖仏を通過、9時45分トイレタイム。10時5分、軍事橋を渡り、空港へは左折するが、我々は右折しいよいよ山越えの道へ入る。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月20日

ショトン祭見学と市内観光(2)

 時から朝食をとる。ホテル内の洋食レストランでのバイキング形式のもの。8時50分ホテル発。9時5分にポタラ宮の入り口につくも、渋滞なので道路の反対側の高台に登りその全景を撮影した。9時43分にバスを降りる。我々のバスは大型なので、途中の回転場までしか入らず、そこから少し登る。それだけだけでもけっこう息が切れる。9時50分入り口を入る。ラッキーな穴というのがあって、目をつぶって腕を伸ばし、うまくその穴に入れば良しというものだ。二人とも外れ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月19日

ショトン祭見学と市内観光(1)

 今朝は早い。まだ町が眠っていると思われる4時20分にバスは発車した。目指すはデブン寺。小高い山の上にある。バスはそこを登っていく。まだ暗くて定かではなかったが、寺への参道に入ると既に人々が動いているのがわかった。バスは駐車場に4時47分に到着。比較的早いほうだった。
 デブン寺に行く理由は一つ、大タンカの開帳を見るためだ。6時15分動き始める。駐車場からタンカの開帳される山の斜面まで移動するためだ。これがまた険しい石の山の斜面を懐中電灯を頼りに前の人の姿を失わないように歩くという状態。斜面を登り始めるともうあたりは人人人。日本人の観光客も多い。おそらくはチベット人の数や中国人の数を除けば日本人が一番多いのではなかろうか。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月18日

ツェタン→サムイエ寺→ラサ

 今日はいよいよチベット入りだ。モーニングコールが4時にあり、集合の4時40分少し前にロビーに行くと、すでにほとんどの人がそろっていた。そこで朝食のボックスを渡される。ほかの人たちは皆その場で既に食べているので、我々もそれにならってロビーで急いで食べる。昨日の夜から相当水を飲んでいるが、ある種それは信仰に近いものがある。我々も急いで食べたので遅れてきた人を待っている間に食べ終わる。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月17日

成都→ラサ・ゴンカル空港→ツェタン

 今日はいよいよチベット入りだ。モーニングコールが4時にあり、集合の4時40分少し前にロビーに行くと、すでにほとんどの人がそろっていた。そこで朝食のボックスを渡される。ほかの人たちは皆その場で既に食べているので、我々もそれにならってロビーで急いで食べる。昨日の夜から相当水を飲んでいるが、ある種それは信仰に近いものがある。我々も急いで食べたので遅れてきた人を待っている間に食べ終わる。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年08月16日

東京(朝)→大阪→乗り継ぎ→成都(夕刻着)

 羽田には空港行きの直通快速特急に乗れたので、だいぶ早く5時40分についた。今回の旅は道中が長い。7時13分に出国手続きをした。7時40分飛行機が動き始め、7時52分羽田空港離陸。8時8分ころ富士山が右側に見える。8時50分着陸。9時30分ころ出国審査をする。9時50分に登場手続きをし、10時30分飛行機が動き始める。関空まで行って広州まで乗る。
 広州は香港の近くの都市だ。関空を10時36分に離陸。日本エアシステムの飛行機は2・4・2の配列で、これは羽田関空間の飛行機の配列と同じだった。飛行機は淡路島の花博会場だったと思われるところを通り、2つの本四架橋を見て、海上へ出た。そのころ食事が始まった。食事後うとうとしていて、北京時間11時50分(以下最終日まで北京時間)近くになってふと外を見ると陸の上を飛んでいる。中国大陸だ。上海を越えたのだろう。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| 2001海外旅行

2001年07月25日

帰国

 出発が随分遅れたので、成田への到着もかなり遅くなることを覚悟していたが、何と予定より早い8時5分には着陸した。入国審査も空いていたのですぐに済み、荷物も早めに出てきたので、8時51分の京成特急に乗ることができた。日暮里まで行って、そこから則は職場へ、順さんは家へ向かった。
 忙しくてバタバタした旅ではあったが、ボロブドールとは、バリとは、ということが味わえてそれなりの旅であった。ただ、最後の日、泳ぎたかったなあ。
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年07月24日

朝の海へ

 今日は帰る日であるが、出発までほぼまる1日ある。昼食以外は自由となる。朝食を7時に食べて、食後ビーチの下見に行く。遠浅になっていてよい海辺だが、波が荒く、流れも速い。それに風も強い。順さんは結構浜辺でのんびりすることを楽しみにしていたのだが、これでは入ることはままならない。仕方ないので、波打ち際でたわむれていると、貝を売るおじさんがすかさず近づいてくる。帰りにはグラスボートの客引きが。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年07月23日

デンパサール

 今日は4日目。でも、今回のツアーは観光は実質3日間なので、今日が観光最終日だ。本来なら明日にも観光が計画されていたのだが、明日を終日自由行動にするために、明日の予定も繰り入れたので今日も盛りだくさんのメニューをこなさなければならない。
 スコールの中を8時30分に出発して、まずバロンダンスの会場へ向かう。昨日は日曜日だったので道路は空いていたが、今日は通勤通学のバスやタクシーで昨日と比較にならないほど混んでいた。しかもこちらの実質の新学期のスタート日とも重なってのことだろう。我々のバスはかなり先を急いだにもかかわらず、時間は過ぎていき、バロンダンスの会場に着いたのは約5分前。今日も危うく滑り込んだ形となった。今日の会場は昨日より大きい。また、観客も昨日は日本人が大半だったが、今日は沢山の国々の人がいたように思う。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年07月22日

ケチャックダンス

 さて、今日の朝は早かった。4時30分に目覚まし時計をかけていたので、それで起きた。もっとも、その数分後にはコーランが聞こえてきたから、どのみちその時間には起きたことだろう。ともかく今回は、よく世間で馬鹿にされている格安ツアーの一つといってよいだろう。5時30分には朝食を食べにレストランへ行き、6時30分には出発した。今日は、ジョグジャカルタからバリへ移動してから観光となる。
 7時45分のGA240便に乗る。飛行機は幾分はやめの離陸となり(乗客が全員揃ったら早めの出発もあり得ることはガイドから説明されていた)、定刻の9時45分(ジョグジャカルタ時間では8時45分)より10分も早めに着陸した。ここからが今日のハードスケジュールの始まりである。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年07月21日

ボロブドゥール遺跡、プランバナン遺跡

 朝、(多分)コーランの声で4時30分頃起こされる。しかし、この国はイスラムといってもそう厳格な物ではないようだ。コーランの声もどことなく遠慮がちだし、空港に祈りの場所も見あたらなかった(後から聞いたら狭いところだがあるそうだ)。
 朝食は6時から。日本時間で言うと8時だからお腹が空いた。中国風のレストランで、バイキングなので則でも食べられた。食事の後、ホテルの前に出てみたが、通学ラッシュのようで道路はにぎやかだった。自室に戻って眼下を見ると、学校のようで、その校庭で運動する子、バイクで乗り付ける子、小さい子を送ってくる親子などが見られた。皆同じ門を通って入ってくる。
 ジョグジャカルタには大学が50以上、専門学校も30以上もあり、学園都市であると同時に、日本の京都といわれる古都とのことだ。確かに若い人達ばかり見かける。これだけ教育に熱心であればこの国の将来は明るいのではないだろうか。
 朝食の後は、しばらく休憩タイムとなる。出発予定は8時10分なので少しゆっくり。
 バスは8時12分に出発。最初に我々より高いハイアットホテルに向かう。門構えからして違う。そこを8時30分に出発してボロブドール遺跡へ向かう。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年07月20日

インドネシアへ

 だんだん我が家の旅行も形式化してきたのだろうか。特に則は特別に準備をする気を失っている。だから、出発前の夜になって大慌てで探した物がある。小型のノートパソコンで、それは毎回旅行記を書いているものだ。だが、順さんはそれ見たことか、というふうに冷たい視線を送って来るのみだ。 翌朝、再び探すも見つからず、今回の記録は、メモ帳によるものとなった。実際問題、則は、仕事でも家でもペンで物を書くということはめっきり減ってしまっているので、この作業がかなりの苦痛を伴う物となったのは言うまでもない。   さて、今回の成田アクセスは総武線から浅草橋乗換で都営地下鉄、京成と乗り継ぐコース。前回のオーストラリアの時に初めて選択したコースだ。青砥で京成の特急に乗り換えて、座席争奪競争で何とかして座る。これ以降もう込む一方だったので、この競争に勝ったのは正解だった。青砥6時59分発の電車は大きなバッグをもった人々でいっぱいだ。駅で並んでいる時にも我々の後ろにいた高校生が、休みの日にはこの時間混むから嫌だと言っていたが、その訳がわかった。順さんはそんな状態であっても座ったとたんに寝てしまう。 今年は海外へ出かける人が多いというので、大混雑を予想していたが、阪急の受付はすぐにできたし、チェックインもそんなに待たずにできた。ここで、順さんは大失敗をやらかした。始めの説明の時に、ジャカルタまでのキップにしてくれと言われていたのに、チェックインの時についジョグジャカルタ?と聞かれてハイと応えてしまったのだ。幸いすぐ後ろに添乗員さんがいてくれて訂正してくれたので、大事にならずに済んだ。人の話はきちんと聞いていなければいけないと痛感した。しかし、それで係員も慌てたのか、窓際ですよと言ってくれた座席は通路側の19JHだった。入国審査官のすぐ後ろ、エコノミークラスの2列目。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行

2001年03月29日

帰国

 4時25分(日本時間に戻す)に軽めの朝食を摂って一息ついた頃に東京が近づいたとのアナウンスがあり、予定よりも早い6時20分には着陸した。混雑を避けるためにと入国審査のところへ急いだが、今回はそんなに行列もできておらず、簡単に抜けることができた。従って、荷物の方が遅く、まだターンテーブルも動いていなかった。しばらく待ってようやくでてきた荷物をとり、Kさん達といっしょに税関を通って、そこで別れた。
 スーツケースを宅配便で送る手配をして電車の方へ行くと、京成の無料特急がすぐに出発するので走って行って飛び乗る。なんと7時14分発だ。早めに新宿へ着いた。そこから順さんは家へ、則は仕事場へ向かった。
 忙しい旅ではあったが、一日に1つは見所があり、充分に満足のいく旅であった。また、思い出がいっぱいできた。
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001海外旅行