2007年12月02日

木幡の旗祭り(当日)

 祭りの会場の木幡は、もともとは木幡町であったが、例の大合併劇で二本松市に組み込まれ、いまでは木幡地区と言われている。

 旗を担いで会場に向かう人たち さてバスは二本松市に入り、お祭り会場に近付くと道のガードレールに木幡祭の旗が並べられていて、いよいよという気分になってきた。旗を担いで歩く人々を見るにつれ、益々気持ちが高揚してきた。

 源氏の白旗が起源と言うが、各グループに白旗は1本、、他は様々な色の旗が多数あった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年12月01日

木幡の旗祭り(五色沼へ)

 何と、今回の出発はお昼過ぎ。東京駅の集合も11時40分と、これまでにない遅さだ。しかも、行き先は郡山から少しの所で、そこへ直行なのだ。
 早めの昼食を摂ってから東京駅へ行ってみるとさすがにガラガラ。我々の他に一つだけのツアーがあったが、それも少し早めに出発して行ってしまった。
 今回は、お祭り大好きクラブという仲間のツアーなので、顔見知りも何人かいたり、勿論添乗員さんとも顔なじみなので気楽な旅だ。
 新幹線は、前回土湯へ行ったときと同じMAXやまびこ。ただし今回は2階席なので見晴らしがよい。この前は壁をみて乗っていた格好だった。と言っても、それよりも飲んだり食べたりする方を堪能したのだが。ともかくも、そうこうしているうちにはや郡山に到着した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年11月25日

のんびり土湯温泉(3)

 朝一番始めはやっぱり温泉。今日も朝から真っ青な空で気持ちよさそうだ。部屋の外に見える景色も紅葉の向こうに雪を抱いた山がとてもきれいだった。
 朝食を済ませてからに持つ整理をして、チェックアウトまでのんびりした。
 本館の方は9時から入浴できないので、隣に付属している樹泉という日帰り入浴専用の温泉へ行った。こちらは朝から夜までいつでも入れる。宿泊客はいつでも使えるのだ。
 長い廊下をエレベーターを乗り換えたりして行った。日帰り専用というだけあって、着がえを入れるのは個人ロッカーになっていた。ヘアードライヤーも沢山備え付けられていた。風呂は本館に比べると少し狭いが、いっぺんに大勢が押しかけると言うことはないのだろうから、この位でいいのだろう。こちらの泉質もサッパリしていてよかった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年11月24日

のんびり土湯温泉(2)

 朝の目覚めは二人ともけっこう早かった。早速朝の入浴。夕べかいた寝汗を洗い流してスッキリしたところで朝食に行った。実は、何時か分からずに、多分7時頃だろうと見当を付けていったのだが、ちょっと早すぎたようで、また係の人を急がせてしまった。
 それからまた足湯にはいることにした。朝のせいか湯の温度は昨日よりも高くて、しばらく浸かっているとほんのりと体全体が温かくなってきた。
 この頃になるとロビーは人でいっぱいになってきた。これから出発するのだろう。駅への送迎バスもそろそろ出る時刻だ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年11月23日

のんびり土湯温泉(1)

  今回は3連休を利用しての旅だが、則が膝を痛めていると言うこともあって、温泉地での保養にした。
 探す段階で、のんびりしすぎたせいもあって、なかなかいいのが見つからなかったのだが、何とかひなびた温泉地を見つけて予約を入れた。すっかりその気になっていたところへ、旅行会社の手違いで既に満杯。ということで、今回の土湯温泉行きになった。
 そのせいで、行きも帰りもこちらの希望を入れて新幹線の座席を確保してくれた。これは、申し込み時間外の時刻でかなりの優遇になっている。つまり全く無駄のない時間をとれたのだ。
 大変申し訳ないということで、1日目の夕食時にお酒を付けてくれるというおまけまでついた。
 なのに、届いた切符は全く違う時刻の新幹線だった。すぐに連絡をして取り替えてもらったが、この旅行会社にしては珍しいミスが続いたものだ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年10月07日

はんだ山車まつり・彦根築城400年祭・大津祭り(2)

 昨日かなり動き回ったので、則の足の具合が心配されたが、痛みを堪えながらも今日の観光は何とか大丈夫だという。
 朝食は6時30分からのビュッフェスタイル。エレベーターに「10月7日朝は混雑が予想されます」旨が書かれていたので、時刻より早めに出かけた。レストランは既に開いていたので、席に座って食していると次から次に人が入ってきて、相席にしても埋まらないくらいになった。早めに来て良かったと思いながらもせわしない食事となった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年10月06日

はんだ山車まつり・彦根築城400年祭・大津祭り(1)

 9月から続いている4回目の3連休の最後。今年はよくも日程が調子よくいったものだ。
今回は新幹線なので少しは楽だ。
 集合時刻より少し早めに着いたので、東京駅のホームのベンチで軽食を食べた。最近こうして人の眼を気にせずに食べたりするようになったのは、単に年を取って図々しくなったせいか。
 それから集合場所へ行くと既に顔なじみになった添乗員さんがいた。他にも数人かつてご一緒したメンバーがいた。
 今回のツアーは「おまつり大好きクラブ」ということでお祭りの大好きな人たちが集まっていく。もう皆慣れているので、食事も明日の朝食だけで、お祭り会場では全て自由行動という気楽なものだ。それが今回はちょうど良かったのだ。というのも、一昨日則は膝を痛めて、偶然昨日が日帰りの人間ドッグだったのでそのついでに形成外科の治療(検査)も受けており、杖をつきながらようやく歩ける状態だったからだ。一時はキャンセルしようかなどとも話したのだが、とにかく行けるところまで行こうと強行して出かけてきた・・・という事情があったからだ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年10月02日

今年も雨だった箱根(3)

 起き抜けにまた温泉に入った。昨日よりも周りの景色が見えるような気がする。
どうやら雨は上がりそうだ。まだスッキリした感じはないが、何とか一日持ちそうかな、ということで、雨バージョンとそうでないバージョンの二つのコースを相談した。
 朝食は昨日とほぼ同じメニューが並んでいたが、まあ、朝はこんな物だろう。
 雨は心配なさそうだ。捨てるつもりで持ってきた長い傘は、まだ不安があるので持って帰ることにした。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年10月01日

今年も雨だった箱根(2)

 午前2時21分、突然の大揺れにビックリしして二人とも目を覚ました。近来体験したことのない揺れの大きさだ。すぐにテレビを点けると、震度5強。震源地はこの箱根の近くということで、一番大きな揺れを記録していた。ちなみに小田原は震度5弱。
 しばらく情報を見ていたが、テレビの報道では余震があるかも知れないとの注意もあったので、しばらくは起きたままだったが、そのようなこともなかったのでまた眠りについた。翌朝食堂はその話で持ちきりだった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年09月30日

今年も雨だった箱根(1)

 都民の日と運動会の振替休日が重なったために、普通の人とは違った3連休となった。
 ツアーで行けば安くなるのだろうが、今回は二人でのんびりと言うことで、割引のある安い旅行にした。去年もこの休みを利用して箱根に行っているので、丁度1年ぶりとなる。その時と同じ雨降りの中、長い傘を差しながら出発した。衣服類と一緒に傘も宅急便で送ってしまったからだ。
 新宿駅内で、朝食とビールを買い込んだ。南口での乗り換えが便利だった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年09月23日

飛騨古川きつね火まつり&高山観光(2)

 朝食は7時からというので、順は6時30分に起きるつもりでいたのに、朝早い則にそれよりも早く起こされた。仕方なく則の部屋に集合して荷物の整理や今日のコースの打合せなどをした。
 7時少し前に朝食会場へ行くと、既に営業していたので、すぐに入って済ませた。
 今日は午前中はフリータイムなので、我が家は市内観光に行くことにした。初めてではないのであまり下調べもせずに自由に動くことにした。
 荷物はフロントで預かってくれるというので、出かける前にチェックインを済ませた。
 フラフラと陣屋前朝市へ向かって歩いていると、川越の「時の鐘」のような物があったので写真を撮っていると、通りがかった人がアレは火の見櫓だと教えてくれた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年09月22日

飛騨古川きつね火まつり&高山観光(1)

 今回はまたバスの旅。3連休にバスで出かけるとは何と無茶なこと・・・という思いはあるが、きつね火まつりというお祭りに合わせると致し方ない。
出発は8時30分というまあ普通の時間なのでそうあわてることもなく家を出た。
待ち合わせ場所に着くと丁度受付が始まったようで、むだな時間が無くて良かった。が、その行列がなかなか進まない。添乗員の手際が悪いなあと思っていたら、我々の前に並んでいたおじいさんが猛烈に文句を言っていた。
この旅行会社は、必ず事前に連絡をしますというのが一つの約束のようになっているのだが、それがなかった点。これに関しては我が家も無い無いとおかしいと思って改めて日程を確認したりしていたので、一人参加のお年寄りは不安感を持ったのだと同感できる。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年09月16日

岸和田だんじり祭2007(2)

 朝いつも通りに起きて、まずは荷物を駅のコインローーカーへ預けに行った。一応ホテルでも荷物を預かるということだったが、面倒なのでこちらを利用した。コインロッカーに預けてから新大阪駅を出ようとすると、時計は5時40分を指していた。
 それから地下鉄の駅を確認に行き、切符も購入した。
 今日は一日自由時間なので、集合までは自分たちの計画で動くことになる。その地下鉄新大阪駅からの帰りに、もう出発する夫婦に出会った。朝食も摂らずに出かけるようだ。こなから坂の場所取りは6時30分の朝食を食べていっては遅いと、添乗員さんが言っていたからだろうか。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年09月15日

岸和田だんじり祭2007(1)

 東京駅集合が7時15分と早いので、出勤時とほぼ同じ時刻に出発。朝食は近くのコンビニで簡単な物を購入。
 集合場所は日本橋口、以前の集合場所だった八重洲北口の改札を抜けてちょっと歩くが、少し余裕があったので、7時になるのを待ってコンビニで昼飯をゲット。
 今回はたったの14名。それでもツアー催行。喜ばしいことだ。
 新幹線に乗り込むとすぐに買ってきた朝食を摂った。座席は3人席だったが、一人参加の人が別の席(たばこを吸いたかったらしい)に移ったので、ゆっくりと過ごすことができた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年07月08日

三河逍遥(2)

 日の出が4時44分と聞いていた則は、4時頃起き出すと外へ行く準備をし始めた。順はそれを断って眠り続けた。
 則は、ずっと道を下って遙か下に見える海岸まで行って日の出を待ったが、残念ながら曇り空で太陽を拝むことはできなかった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年07月07日

三河逍遥(1)

 今週はバス旅行。前回とは違って47名の大所帯。特に何処を見るというのでもなく、うまい物巡りというのに惹かれての参加だ。
 バスの席は一番前。ということは明日は一番後ろだねえ、といいながら、その席を楽しんだ。
 新宿は予定通りに出発。すぐに高速に入るのかと思ったら、山手通りを渋谷まで行って、ようやく高速に乗った。時間的に早いかと思ったら、やっぱり30分ほど前回に比べると遅くなっていた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年07月01日

新宿からスペーシアで行く日光(2)

 夕べ早かったので則は早くに目が覚めた。散歩に行こうというのを、順がぐずって結局6時頃に出かけた。といっても中禅寺湖畔に出ただけだが。
  庭を歩いていると大きな糞が転がっていた。人の物と同じくらいのだが、人がするわけもないし、そんなに大きな犬も見かけなかったし、何か動物が出るのだろうかという話になったが結論は出なかった。そんな庭を注意しながら湖畔へ出た。
  桟橋があって、ボートがつながれてあった。このホテルの持ち物で、申し込めば対岸まで連れて行ってくれる。その辺りをフラフラしたあと、庭へ戻って体操をした。まだ体は動くぞ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年06月30日

新宿からスペーシアで行く日光(1)

 毎月1回は旅行にという我が家の家訓にそった、ギリギリでの旅行となった。ということで、行き先はごく手近な所となった。新宿発のスペーシアで行く先は、日光。JR→東武の直通に乗るのは初めてのことなので、それも楽しみの一つだ。
集合は新宿。出発は10時35分とゆっくりなので、その日の朝、準備をした。
参加者はわずかに14名。最低人数は20人のはずなのに、何故かこの人数で催行した。なのに、電車の座席はばらばらという状態だ。これも不思議。これだけ大手の旅行会社なのに、どうして一緒の席にならなかったのか。則の予想として、きっと誰かがミスをしでかしたのだろうということだが。我々の席も2号車の2番Dと7番Cというようにほんとにひどいものだった。声もかけられない位置だ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年05月28日

志賀高原熊の湯硯川温泉(3)

 今日も目覚めは早い。則はすぐに風呂へ行ったようだが、順は布団の中でゴロゴロして時間をつぶした。それからおもむろに起き出して荷物の整理をした。
 今日は雲一つ無い真っ青な空。行こうと思っていた所は昨日全て行ってしまったので、さて、どうしようかと思いながら食堂へ行った。
 朝食は(も)二本の普通の食卓に少し品数が足された程度。それでも美味しくいただく。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行

2007年05月27日

志賀高原熊の湯硯川温泉(2)

 朝は4時30分に起きた。則はよく寝たらしく早めに起きたからだ。
 順は少しぐずぐずして、ようやく起きてまずは風呂に行った。
 朝は少し早めに出かけるつもりだったので、朝食の時間の30分も前にレストランに行って待っていると15分前から食べることができた。さっさと済ませて出発した暖かかった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007国内旅行