2008年11月09日

天地燃ゆ・須賀川松明あかし(2)

 今回の旅行は朝食だけは付いているので、たくさん食べることにして会場へ行った。少し早かったのでコンビニの下調べをしてから戻った。
 メニューはありきたりの内容だったが、飲み物が豊富だった。おまけにアイスクリームもあって食事よりもこちらの方に感動した。

 喜多方・新宮熊野神社へ。
 ここは大銀杏の黄葉が見事ということだったが、お目当ての木は殆ど緑の葉を付けたままだった。特にここでは、社殿(拝殿・・・長床)手前左にある大銀杏は、創建時(1085年)に植えられたと口伝されるもので、残念ながら途中から折れてしまっているが、かつては会津若松からも見えたという高木であったという。今でも喜多方市最大の銀杏。
 長床と言われる珍しい拝殿が正面にある。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年11月08日

天地燃ゆ・須賀川松明あかし(1)

 ゆっくりの出発なので、午前中はいつもの休みのように過ごしてから家を出た。
いつもの集合場所は、我々のツアーが最後らしくガラガラだった。
 今回のツアーは、今夜の火祭りを見ること。人数は驚くべきことに123名にも及び、3つのグループに分かれている。つまり新幹線を降りたあとのバスが3台になり、我々はその1号車に割り当てられた。

 いつもの所で昼食を買い込み、新幹線に乗った。また3人席だ。ま、仕方ない。直ぐに弁当を広げて昼食を摂った。

 1時間一寸で直ぐに着いてしまうので、結構忙しかった。
 予定通りに新白河駅に到着。周りには何もない駅だった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年10月26日

錦秋の裏磐梯(3)

 夕べは二人とも余りよく眠れなかった。体的には昨日の方が良く歩いて疲れているはずなのに。それでもいつもの時間には起きて、健康観察をした。
 今日はどんよりした空模様だが、雨の心配はなさそうだ。
 朝食は昨日と同じ会場。内容的には余り変わりはなかった。
 さて、今日の午前中は何をして過ごそうか相談の結果、レンタサイクルで回ってみようと言うことになった。当初予定していたグランデコには昨日行ってしまったからだ。
 荷物をまとめて自転車を借りに行くと、すでに婦人用は予約でいっぱいというので、マウンテンバイクとギヤ付き自転車を借りることにして、チェックアウトをした。
 まずは秋元湖を目指す事にしたが、ホテルからの道は殆どが下り。これは帰りがきつそうだ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年10月25日

錦秋の裏磐梯(2)

 夕べは9時にベッドに入って朝までぐっすりと眠った。五色沼から帰ってきて、二人とも疲れた疲れたと言っていたのだが、まさに体は正直だったようだ。
 それでも、起きたのはいつもの時間。それから健康観察をして朝食に行った。広い会場は直ぐにいっぱいになった。
 お天気は快晴とはいかないが、雨の心配はなさそうなので良かった。
 今日は檜原湖畔を散策しようと思っていた。本当は、この日にある現地のガイド付きツアーを申し込んでいたのだが、出発地点のサイトステーションまで行く手立てがなかったので断念したのだ。結局自分たちで調べて行くことにして、そのバスの時刻まで少し時間があったので、近くの散策に出た。
 初めに隣の高原ホテルの庭がきれいだというのでそこへ行った。
 ここには弥六沼というのがあり、周りの木が紅葉してそれが湖面に映ってきれいだった。正面には磐梯山が見える。ここには、noriの大好きな真っ赤な紅葉があった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年10月24日

錦秋の裏磐梯(1)

 朝から雨。天気予報ではかなり強く降るそうだ。
 朝はいつもよりやや早めに起きて、朝食を済ませてから家を出た。天候のことと、今回の旅の目的を考えると気の重い出発となった。
 新宿駅では雨を避けるためにいつものコースを採らず、出来るだけ地下を通るようにして集合場所へ到着。何と今回はわずか17人の参加ということで、一人で二人がけの席を確保できる余裕があった。バスは上野駅経由で、裏磐梯へ向かう。
 雨のせいで、到着は遅くなるかと思ったが、スムーズに走行してきたお陰で、結構早めに高速を降りた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年09月01日

玉川温泉連泊(4)

 今朝も則は4時前には風呂へ行った。夜が早いせいもあるが、いつもなら寝ている時間だ。今日はお湯はたっぷりと入っていたと言って喜んでいた。
 5時半頃二度目の入浴。まずは温浴をしてから湯船の方へ。今度は、女湯の方がまだ満杯になっていない浴槽があって、そういう所は垢のようなものが浮いているので満杯の掛け流しの湯船にだけ入った。
最後の食事も美味しかった。毎回毎回メニューを変えるのは大変だろうなあと思いながらも、これなら長期滞在も飽きないと思えた。
  帰る今日は雨も降らず、時折青空さえ見える。これが昨日だったらよかったのにねえと言っていた人がいたが、全く同感。
  さて、バスはまず我々の玉川の客から乗せて、次に八幡平高原ホテルへと向かう。ここからは8人しか乗らないので、我が家は空いている一番後ろの席を陣取った。同じように我々の前の席も埋まった。
 次に八幡平から乗ってきた人たちも、その後ろの席を狙っていたらしく、「何で人がいるのー」とか「そこは誰もいない席なのに」とかぶつぶつ言っていたが、全く無視した。それが何人もいたので、全員が揃うまでに時間がかかり、少し出発が遅れた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月31日

玉川温泉連泊(3)

 朝から雨降りだ。風呂には3時から入れるというので、則は3時30分には風呂へ行く。順は今日も寝床の中。誰もいないのかと思ったら、他にも一人いたというから、同じように物好きはいるものだと順は思った。ただ、お湯がまだ十分にたまっていなかったと言ってすぐに戻ってきた。
 朝食・・・食事は毎回バイキング(ビュッフェ)スタイルなのだが、内容が全く違っているのに感心しながらたくさん食べた。レストランは広くて座席数もたくさんあるので、席を探してウロウロすることもなく食べることが出来た。
 その後雨は止むどころが激しく窓にたたきつけるので、外出もままならず、入浴と、インターネットで時間を過ごす。ここはフロント前に無料でインターネットが出来るパソコンがおいてある。他に使う人はあまりいないので、則の格好の時間つぶしとなった。
  昼食はあまり魅力的ではなかったので、部屋で、予め購入しておいた酒とズンダモチで済ませた。その後は、また入浴したりNHKの懐かしのメロディーなどで楽しんだ。。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月30日

玉川温泉連泊(2)

 則の目覚めは早い。すぐに風呂へ行った。順はまだ眠気が残っていたので、そのまま布団の中。
 早いせいか、あまり人がいないのをいいことに、また則は写真を撮ってきた。この温泉は、泉質がいいだけでも魅力的なのに、浴槽にもいろいろな工夫が見られて、入っているのが楽しくなる。ただ、長湯は禁物だ。
 7時になるのを待ちきれずにレストランへ行くと、少し前に入れてくれたので、一番乗りでお盆を持った。内容も豊富だった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月29日

玉川温泉連泊(1)

 今日から4日間の予定で、玉川温泉に行く。玉川温泉は2005年の冬、大曲の冬の花火大会を見に行って以来二度目だ。
 とはいっても、今回は少し事情が違う。例によって安いバス旅行に変わりはないが、出発地が千葉県の松戸。何か良い物はないかと探していて、偶然見つけた。金土日月の四日間なので、則の休暇も半分の2日ですむ。というわけだが、朝から各地で大雨で、愛知の方では市域全部に避難勧告の出たところもあるくらいで、東京近辺でも京王線の高尾〜高尾山口間で脱線事故などもあり、JRも遅れ気味というので、やや早めに家を出た。大体こういう時間的に余裕のあるときは得てして交通機関の乗り換えもスムーズに行くものだ。家を出て大通りに出るとバスが来たのでそれに飛び乗った。駅について、やはり雨の影響で遅れている電車を少し待ったが、それ以降はきわめて順調に松戸へ到着した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月03日

北東北祭り四種盛(4)

 今日も雨だ。そんな中、朝市までの無料送迎バスがあるというので、それに乗って朝市へ行った。ネプタ村で開かれている。途中、弘前公園をガイド付きで案内してくれるのだが、我々は雨だったので行かなかったが、他の人はすべて付いて行った。
 着いたのが少し早すぎて、まだ店は準備段階。これ、と言っても、まだまだと言って売ってくれなかった。店が開くと早速買いまくった。
 顔ほどの大きさもある米なす、普通のナス、オクラ、インゲン、みず、モロヘイヤなどを買い入れた。途中、雨宿りをかねて休んでいると、店のおばちゃんがリンゴを持ってきてくれたので有り難く頂いた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月02日

北東北祭り四種盛(3)

 今日は1日自由になるので、津軽フリー切符というのを購入するために駅に行った。昨日何度か目にした「リゾートしらかみ」に乗ろうと思い立って指定券を購入した。なかなか切符はとりづらいと言うことだったが、復路を含めて手に入った。
 それからホテルに戻って朝食を摂った。系列店だが昨日のホテルとは違った内容だった。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年08月01日

北東北祭り四種盛(2)

 朝はゆっくりの出発なので、早起きの我が家にとってはもてあますくらいの時間がある。
 朝一番にまた大浴場へ行く。しばらく時間をつぶして朝食を待ち、開場と同時に食事にありつく。朝はバイキングなので、それぞれが自由にものを食べた。
 その後、今日の昼食を仕入れに近くのコンビニに行く。今回は、昼食は1回も設定されていなので、各自で用意しなければならない。昨日は、途中でそういう場を用意しますと言うことだったが、急遽、観光バスで途中のコンビニによってそれぞれ仕入れることとなった。我が家はすでに用意していたので、問題はない。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月31日

北東北祭り四種盛(1)

 今日は平日だが、則が休暇を取っての参加となった。お目当ては勿論お祭り。遠く、秋田まで行く。この時期、東北地方では各地でお祭りが開催されている。その中のいくつかを見に行くのだ。今回、荷物は事前に荷物を送ってしまっているので、身軽に出発だ。
 出発は東京駅。新幹線を使う。朝食兼昼食となるようにいろいろと買い込みをして待ち合わせ場所に行く。今回のツアーは、ほとんど食事が付いていないからだ。
  すでに顔なじみとなったメンバーもいたが、かなり変わってきているようだ。我々もそろそろ卒業かななどと思いながらの参加となった。なお添乗員氏は、昨年岸和田のだんじりを見に行ったときのIさん。
 新幹線は<こまち13号>。秋田新幹線なので、2人席だ。そこで、自由に飲んだり食べたりしてあとはひたすら眠った。こまちは定刻14時ちょうどに秋田駅に到着した。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月21日

湯田中温泉3日間(3)

 昨日の道の駅の野菜がおいしそうだったので、朝市へ行った。6時半開始なのだが、品数がそう多くないのですぐに売り切れますよと言われていたので、6時には行った。すでに来ている人たちもいたが、会場はまだまだ準備も始まっていない状態だった。
 少し待っていると徐々に品物が並べられてきたが、6時半までは売りませんよと言うので、それぞれ品定めをしながらうろついていた。その間に、お茶や漬け物をごちそうになった。
 ようやく販売が開始されたので、我々も買い出しに入った。ナス、カボチャ、エノキ、インゲン、キュウリ、根曲がり筍の水煮を買った。お陰で、帰りには則のリュックはこれらでいっぱいになってしまった。
 ホテルに戻って朝食へ行くと、中居さんが「クーラーが切られてて申し訳ないですねえ。」と言っていたとおりで、すでに部屋のクーラーも切られていた。
 企業努力と言うべきか。ただ、もっとお客を大事にしてほしい。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月20日

湯田中温泉3日間(2)

 朝風呂に入ってから朝食へ。今日は全くの自由なので、どうしようかまだ決めかねていた。
 朝食を済ませてから、「地獄谷温泉」へ行って温泉に入る猿を見ようということに決まった。バスの時間を調べてみるともうあまり時間がないので、急いで準備をして飛び出していった。
 上林温泉でバスを降りて、あとは歩き。上林温泉からは2km強。登り口まで上っていく。
 そこからは1.6km。すごい急坂でドキッとしたが、それもわずかな距離だったのでひと安心。平らな山道を歩いて行く。右側は削り取った崖。今にも落ちてきそうな不安定さがある。左側は落ちていく崖。それでも、則が来た頃に比べると倍くらいの道幅がある。
 大噴泉の所からまた急な坂をちょっとだが上っていくと入場口に着く。料金が500円。昔はとられなかったし、場所ももっと下にあったはずだ、という則のつぶやき。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月19日

湯田中温泉3日間(1)

 3連休初日の出発だが、途中観光をしていくわけではないので、ゆっくりの出発だ。
 今回は、日頃の疲れをとろうということで、「温泉三昧」という謳い文句に惹かれてこのコースを選択した。2日目も1日自由行動。2時間おきに温泉に入ろうか、などと話しながらの出発だ。
 最近ガソリンがリッター180円を超えたことから、車の数が少なくなり、都心や大阪の繁華街でも道路の混雑も緩和され、駐車場の空きも目立つようになったというニュースを耳にしていたのだが、高速道路はそうでもなかった。やはり渋滞はあった。
 それでも途中、寄居で1回休憩を取っただけで、信州中野に着いた。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月05日

姪の結婚披露宴2

 豊橋での宴の後、とんぼ返りです。
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年07月04日

姪の結婚披露宴1

 表題の件で豊橋へ。
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年06月15日

隠岐四島島巡り(3)

 今日も早起きして朝の散歩としゃれ込んだが、それに適したところは見あたらず、早々に戻ってきてしまった。
島を渡るのに、今日は高速船ということで朝が早いので、部屋に戻って最終の荷物のまとめをしてから、朝食会場へ行った。
 くるときにすれ違った高速船に乗って隠岐の島町へ戻ることになった。港までは、ホテルのバスで送ってくれた。これは昨日の宿でもそうであったのだが、ここの島では、ずっと貸し切りのバスというわけにはいかないので、ホテルが港までの送り迎えをサービスしている。
高速船は、デッキに出るわけにはいかないので、座席で居眠りをしていた。途中の島へ寄った関係で、40分ほどかかった。この船は最終目的地は境港のようで、我々が下りる港は長蛇の列で、それまでガラガラだった船内はきっといっぱいになったに違いない。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行

2008年06月14日

隠岐四島島巡り(2)

 朝はいつものように早く起きて散歩に行った。外へ出ると、もっと早く起きた人が近くの情報をくれたので、それに従っての散歩となった。
まずは宿舎の隣にある松原に行った。屋那の松原という名がついており、3日目にまたここへくることになっている。キジの鳴き声がしたが、姿を見ることは出来なかった。
それから少し歩いて、朽ち果てている船小屋まで行った。遠目に見ると風情があるのだが、近くで見ると単に壊れかけた小屋に過ぎない。観光資源としてもう少し保護されてもよいのではないだろうか。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008国内旅行