2006年12月20日

12月も20日になって・・・来年のこと

 12月の旅は、16日に日帰りをした。

 残念ながら、この時点ではまだページを作っていない。来年になってしまうかもしれない。(27日に書き上げました)

 さてページだが、ブログは基本的にはブログのフォーマットがあるから、それに大きく依存した形にならざるを得ない。それは仕方のないことだ。このブログも、本来の形式からいくつか変更をして使っている、基本的には見なそうだろう。

 さて、表題の下にある「正規版」の方はと言えば、年々歳々形式を変えている。より正確には、少しずつ、制作側のスキルアップに伴って変わってきている。一例を示せば、昔は画像はgifで作っており、あまりきれいなものではなかった。現在は、見よう見まねでドリームウィーバーを使っている。意匠も国内版海外版ともにフォーマットを決めて、2006年は統一した形式になっている。

 2007年は近い。このまま行くのか変えるのか、思案中。というか、よい意匠が思いつかない。今年も残すところあと10日余りしかないのだけれど。
posted by honkawa at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年12月16日

ころ柿昇仙峡

 今回は、久しぶりの日帰り。それは地元発が大きな理由。それに加えて、何と土産がすごい。それに引かれての申し込みとなった。
 電車で集合場所の区役所へ行くが、まだバスは来ていなかったので、とりあえず、マックへ行ってコーヒーを購入した。戻ってみると入れ違いのように来ていたらしく、すぐに乗り込んだ。先の乗車場所では1人、ここでは我々2人のみの乗車で、大半はやはり新宿からのようだ。
続きはこちらから
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年12月03日

12月になりました・・・

 月も変わり、ハヤ師走です。
 年賀状をいつもの年よりも早く買ってきた順さんです。今年は従って則の財布は傷みませんでした。
 年賀状を買ってくると催促を順は則にします。ほんとは25日くらいに出せば十分に間に合うはずなのですが。ということで、今日は年賀状の印刷に取りかかりました。
 が!、年賀状の枚数が足りません。
 デザインを決めて、文書を則が書きましたが、順は理屈っぽいと気に入りません。ようやくまとまって、印刷しようとすると、久しぶりのインクジェットが言うことをきいてくれません。ノズルが詰まったようで、悪戦苦闘しました。
 そしていま、とりあえず買ってきた分を印刷しています。
 勿論テーマは旅です。
 そうそう、今週中にお歳暮も送らなければなりません。
posted by honkawa at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年11月19日

コメントやトラックバックの爆弾

 こんなブログにも訪れることがあるものだ。
 退治に時間がかかる。くたびれた。
 ともかく ページが見苦しくはなくなったと思う。あっ、則の写真が見苦しいかぁ!
posted by honkawa at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年11月18日

大エルミタージュ美術館展

 現在都美術館で開催している、「大エルミタージュ美術館展」に行ってきました。それなりに見応えがありましたが、エカテリーナ時代の物はあまり多くはなかったように思います。大エルミタージュ美術館展の「大」ですが、エルミタージュ美術館にかかっているようで、「展」にはかかっていなかったような印象です。
 ところでゴーギャンの絵と言葉はNHKの世界遺産のタイトルにも採用されていますが、この展覧会でもメインだったようで、チケットにもポスターにも利用されています。
hermitage.jpg
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年09月12日

夏の旅の記録

 今朝の5時半。ようやく、夏のイラン旅行の記録の一応の区切りがついた。
 今回の場合、お酒を飲まなかった、いや飲めなかったので、旅行中にかなり旅行記が書けた。またバスでの移動が長かったので、その中でも記録が書けた。実はこのことを可能にしたのは、今年パソコンを買い換えたからだ。今までのよりもだいぶバッテリーでの駆動時間が長い。今までのメビウスは6年くらい使った。次回の買い換えは退職後だろう。
 そして今、冬の旅行を考えはじめている。
posted by honkawa at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年08月06日

ノーモア広島 ノーモア長崎

 今日は原爆の日。昨年の今日、私たちはイタリアにいた。そして平和ボケしている自分たちを思い知らされた。

 8月7日私たちは、アルベルベッロの郊外の町にいた。
 夕食にホテルのレストランに向かうときに、外国の観光客に声をかけられた。その恥ずかしい思い出がよみがえった。
posted by honkawa at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年08月05日

ペルシャ文明展

persia.jpg
 上野の都美術館で8月1日から始まったペルシャ文明展に行ってきました。
 リュトンという酒杯?など、見るべきものがたくさんありましたが、私たちとしてはどちらかと言えば、、古代ペルシャの=新石器医時代に分類される7000年前くらいから以降の=石器や土器に興味がありました。特に、「長頸壺」と名付けられた磨研土器は現代のものと考えてもよいできばえで、感銘を受けました。
posted by honkawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年07月23日

投票で選ぶ絶景世界遺産ベスト30

 昨日、NHKの「探検ロマン世界遺産」で『世界遺産 絶景 これがみたいベスト30』があった。その順位を紹介したい。
 30.メティオラ*1
 29.カナディアンロッキー山岳公園
 28.ペトラ(@)
 27.ヨセミテ国立公園
 26.サンタ・マリア・デッレ・グラチエ修道院・・・最後の晩餐(A)
 25.アルベルベッロ(B)
 24.カッパドキア(C)
 23.ローマの歴史地区(D)
 22.カナマイ国立公園
 21.屋久島
 20.イエローストーン
 19.万里の長城(E)
 18.黄龍(F)
 17.アルハンブラ宮殿(G)
 16.バルセロナのガウディー建築群
 15.ウルル(エアーズロック)(H)
 14.グレートバリアリーフ
 13.ガラパゴス諸島
 12.ラパ。ヌイ国立公園(イースター島)
 11.フィレンツェの歴史地区(I)
 10.ベネチア(J)
  9.タージ・マハル
  8.ナスカ地上絵
  7.グランド・キャニオン
  6.アンコールワット遺跡群(K)
  5.エジプトのピラミッド(L)
  4.九寨溝(M)
  3.イグアス国立公園
  2.モン・サン・ミシェル
  1.マチュピチュ
 ということで、我々はこのうち半分以下の14しか訪問していない。(*1は初稿の時には未訪問)
 写真は、我々が現在のところ一番高順位に位置していて行ったことのある、九寨溝の写真。一応、行った先にはリンクを張っておいた。万里の長城だけは、記録が古くてリンクがうまくいかないかもしれない。
 このページをそうそう沢山の人が見ているわけではないが、一応再放送の予定はこちらにある。
posted by honkawa at 03:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年07月21日

スパム退治

 旅行話題とは無関係なのだが、トラックバックは嬉しいものだが、スパム(まがい)に見舞われると、うんざりするものだ。スパム退治に一時間もかかってしまった。
posted by honkawa at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年07月08日

インチョン(仁川)空港の情報表示

 訳あって、仁川の情報を知りたくて、アクセスした。日本語のページもある。トランジットの案藍も親切。ハブになろうとする気概が感じられr。
 で、ここの「到着」のリストページがすごい。だいたい「到着(arrived)」の表示があるのみだが、仁川では、それは文字通りarraivedつまり、船(航空機)から降り立つことが可能な状態のようだ。というのは、もう一つ「着陸 (Landed)」という表示もある。
 成田の中距離滑走路など、非常に遠くて、エプロンから離れて離陸するまで、あるいはその逆が30分くらいかかることさえある。仁川がそうではないのだろうが、成田こそその表示がほしい。
posted by honkawa at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年06月13日

タイの映画

 天皇はタイを訪問し、タイ国王即位60年の式典に列席した。在位60年というのは、戦後まもなくの即位だ。この直前の国王の時代までを描いた作品、「風の前奏曲」という映画を見ました。
 タイのシロフォンとも言うべき「ラナート」の演奏者の一生を描いています。
 この映画の見所は、なんと言ってもラナートの美しい音色と、それに織り込まれた歴史の流れなのだろうと思います。
 しかしながらどこか日本映画を見ているような錯覚に陥った次第です。

 東南アジアに今一度目を向けるきっかけになるかもしれません。
posted by honkawa at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年06月05日

もう6月だ

 佐渡相川で何年か前から始まった「宵之舞」の見物にこの週末行ってきた。朝日新聞でもとりあげられていたので詳細はそちらに譲りたい。
 いずれまとめたい。

 ところで、未だ夏の計画が決まっていない。
 そろそろ決めなければならない。
posted by honkawa at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年05月25日

ジンギスカンキャラメル

 ジンギスカンキャラメルってご存じだろうか。最近朝日の記事にも取り上げられた。
 北海道では、観光客相手にたくさんの種類のご当地キャラメルが売られている。ハスカップキャラメルとか。われわれもかつておもしろ半分に結構かったことがある。そんな中、今回札幌に行った際に、新顔を二つ見つけた。その中の一つがこれ。
 順さんの感想は、「旨いとは言えない。あんまり後味よくない。」というものだ。 則の感想は、「思ったほどまずくはない。でも、結構脂っこくて、ジンギスカンの感じは再現していると思う。」ということだ。
 もう一つは、サッポロビールキャラメル。今までありそうだ無かった。ただしアルコール分はほとんど無い。子供でももちろんOKだ。
 どうも、最近おみやげが、ジャンキーフード路線になっている感じがする。
posted by honkawa at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006在東京

2006年05月24日

実は先週・・・

 実は先週の土日、ライラック祭が行われている札幌とついでに小樽へ行ってきた。この模様は、近日中にアップ予定だが、実はその前の韓国旅行や、更に前の長浜などの写真の整理が出来ていない。
posted by honkawa at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年05月15日

夏の旅の計画

 夏の旅の計画をこの休みの中で、いろいろ考えた。
 お互いの日程の調整をしないといけないので、なかなかうまい具合に行かないのは、いつものこと。
 気になっている場所はいくつもあるが、お金と暇と相談をしないとならない。
posted by honkawa at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006在東京

2006年05月01日

新しいカテゴリー始めました

 旅の合間に・・・という意味で、在東京と名付けました。
 現在の私たちは、だいぶアップアップの生活です。第一に、印度旅行のアルバム整理が終わっていません。第二には、その後の長浜祭り&久田見のからくりの旅の写真の修整が終わっていません。にもかかわらず、則がPSPなどを買ったので、かなり狭い家が更にゴミだらけになっています。
 ゴールデンウイークは、ここのところあまり大がかりな旅行をした記憶がありません。理由は、観桜熱が冷めたと言うことと、金額がこの時期高い、いや高すぎるからです。で、今年のゴールデンウイークは・・・ということになりますが、それはまたのお楽しみということで。
posted by honkawa at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006在東京